転職に、イノベーションを。

大阪の看護師専門情報サイト。
大阪で看護師の転職・アルバイトならSHERPAにお任せ。

SEARCH

CLOSE

お仕事 - UPDATE 2020/08/14

今さら聞けない、施設内訪問看護って何なん?

最近、施設内訪問看護についての問い合わせをいただくことが増えております。ただ、訪問看護との違いなどがよくわからない、メリット・デメリットがわからない、という方がいますので、面談時などにしているお話についてサクッと共有致します。


訪問先が違う。


そもそも、従来の訪問看護とはステーションから個人宅へ訪問し、利用者様や家族様に訪問看護のサービスを提供する形になります。

 

施設内訪問看護もサービスの内容は同じですが、訪問先が個人宅ではなく、有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅になります。その施設にお住まいされている利用者様を対象に、訪問看護サービスを提供することになります。

 

有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅にも、常駐している介護スタッフや看護師がいますが、より医療ニーズの高い入居者様が別途で訪問看護サービスを利用することにより、密なケアを受けるという形です。

 

一般的な訪問看護ステーションが訪問先の一つとしてそういった介護施設の入居様のお宅へ訪問するケースもあれば、有料老人ホームなどを運営している株式会社が看護師を採用し、自社の施設へ訪問看護師として送り込むケースもあります。(関連記事/人が辞めないので、求人を出さない介護施設があるってホント?


メリットと感じることがある点について。


まず、個人宅の訪問であれば、エリア内を自転車・バイク・車などで移動するため、移動時間がかかります。

 

利用者様への訪問時間については30分、60分、90分と、予め決まっていますので、1日に訪問できる件数などについては物理的に制約を受けることになります。

 

そもそもの移動が苦手な方(渋滞でイライラしたり、そもそもバイクや車の運転が苦手な方、真夏の暑い時や真冬の寒い時期に自転車で外を移動したくない,,,etc)が多いので、施設内訪問看護の場合は、移動がほとんどないことがメリットとして感じる方が多いです。

 

また、個人宅へお邪魔するわけではなく、基本的には常時介護職の方などが出入りしている介護施設の場合は、利用者様へ訪問した場合でも、お部屋が綺麗であったり、レイアウトや導線なども一定のため、看護がしやすい環境とも言えます。

 

他人の家へ上がっていくことに抵抗感がある方もいますので、こういった部分については施設内訪問看護の方がメリットを感じることが多いです。(関連記事/病院勤務から有料老人ホームへ転職ってどう?キャリアアドバイザーが思うメリット・デメリット。


デメリットと感じることがある点について。


デメリットというと語弊があるかもしれませんが、そもそも訪問看護の世界へドップリと浸かりたいということであれば、物足りなさを感じるかもしれません。

 

キチッとした統計ではなく、あくまで多くの求職者様をサポートしてきた経験を基づいた肌感覚ですが、訪問看護をしていて、もの凄くやりがいを感じている人は、なぜか施設内訪問看護ではなく、個人宅の訪問看護の人が多いです。

 

理由として、実際によく聴くのは以下のようなことです。

 

施設内訪問看護の場合は、ある程度の年齢・疾患・状態が似たような方が入居されている場合がほとんどですが、一般の個人宅へ訪問するステーション様の場合は、ターミナル、リハビリ、精神科、小児、と様々なケースに対応し、それぞれの利用者様だけではなく、家族様や、コメディカルと連携を取りながら、よりディープな関係になっていくことが多いです。

訪問看護という形を取り、密な医療サービスを提供するという点では同じですが、病院や施設に入るのではなく、自宅で看取りたい、自宅で余生を過ごしたい、自宅でリハビリをしたいという利用者様や、そのご家族のニーズや背景に対して寄り添っていくという距離感や関係性が根本にあるからこそ、ディープになりやすいのだと思います。』

 

その分、しんどいこともたくさんあり、感動することもあり、やりがいも感じることも多く、訪問看護は辞められへんなあーとなるのかもしれませんね。(関連記事/病棟看護師が、訪問看護師に変わる瞬間。

 

施設内訪問看護であっても、個人宅への訪問看護であっても、ご自身の看護観や、キャリアのイメージ、ご家庭やプライベートの両立のこと、いろいろと考えたうえでベストな選択肢を検討してもらったら幸いです。

 

施設内訪問看護の求人についても、非公開求人などもございますので、お気軽にお問い合わせください。(関連記事/転職サイトにずっと掲載されてる求人を紹介されるの、イヤでしょ?

 

 

 

≪今回のコラム寄稿者≫
YU/SHERPA代表コンサルタント


自動車、IT、美容、金融業界のマーケティングに
精通し、29歳で医療系人材業界へ。その後、独立。
戦略的な提案で法人と個人から信頼を得る、
日本でもレアなMBA/FP保有キャリアアドバイザー。
一男一女を持ち、学生から既婚者の悩みに
共感できる、パンケーキ好きのアラサー。

お仕事のことでお悩みの看護師さん、
まずSHERPA(シェルパ)にご相談ください!

お問い合わせ

SHARE ON

関連記事

What`s SHERPA

SHERPA(シェルパ)は、20代看護師さんのためのキャリア支援サイトです。
お仕事だけではなく、仕事、恋愛、美容、結婚、家庭、ダイエットなど20代の看護師さんが、
特に関心を持つ分野の情報を発信しながらプライベートの充実もサポート致します!
もちろん、転職・就職・夜勤アルバイトなどのご相談なども日々いただいております。
面接や履歴書の書き方も、医療法人のタイプに合わせてアドバイスいたします。
特に大阪、京都、兵庫エリアにお住いの方。
お仕事のことでお悩みの看護師さん、まずSHERPA(シェルパ)にご相談ください!

シェルパとは